【六本木】飲まずに酔える!?話題の新感覚ノンアルバー「0% NON-ALCOHOL EXPERIENCE」

【六本木】飲まずに酔える!?話題の新感覚ノンアルバー「0% NON-ALCOHOL EXPERIENCE」

六本木。眠らない街がコロナの影響でうたた寝している中、密かにビッグバンが起きた。六本木交差点から東京タワー方面へ少し進むとそれは現れる。”宇宙にできた最初のバー”、そこで貴方は何を見る?

●サマリー
・飲まなくても酔える!?新感覚のノンアルバー。
・気になる相手との話題作りのための初デートや、ふだんのデートにマンネリを感じているカップルなどにおすすめ!
・落ち着いた若者多し
・デートなら席はカウンターへ
・とても落ち着いた雰囲気
・遊び心のきいた至高の一杯
・平均予算:二人で5~6000円

●外観3
「0% NON-ALCOHOL EXPERIENCE」ここが今回紹介するお店だ。2020年7月16日にオープンしたこのお店は、日本初の完全ノンアルコールバーである。「飲まなくても酔える」新感覚の体験を提供する。
場所は六本木のビル「ANB Tokyo」の1F。一見するとゴツゴツした外観だが、原初の宇宙のようなものも感じられる。だがそれも中に入ると印象は180度変わるだろう。

●内観4
足を踏み入れると、そこはまるで異世界。手前側のオレンジを基調とした暖かなライトによる演出の裏腹に、奥には鏡張りの空間だったりと近未来感漂う不思議な空間となっている。いわゆるバーのような暗さはないが、サイキックなエロい明るさとでも言えるだろうか。さらには写真撮影用の個室もあり、出入り自由でインスタ映えもバッチリだ。

●客層、席5
客層は20代から30代後半の情報感度が六本木男子や女子が目立つ。年配の方はほぼ見かけず、新し物好きの若者の注目を集めているのだろう。座席はテーブル席とカウンター席があり、総数は20席前後だろう。全席コンセント付きで、忙しい社会人の作業スペースとしても使えるかもしれない。気になる相手と距離を縮めたいのであればカウンター席がオススメ。テーブル席はあまりムードが出なかった。

●飲み物①
席に着き、メニューを渡されるが半分くらいは内容が理解できない。これを見てみるとわかると思うが、カクテルの名前がやたらかっこいいのである。連れてきた相手にかっこいいところを見せたい貴方は、事前にホームページでカクテルの名前を調べた方がポイントが上がるかもしれない。我々はしどろもどろになりながら「A Real Pleasure ゼロ(0)になる」と、「アイスランドバブル」を注文した。そのかっこいい名前に一目惚れしたからだ。

●騒がしさ、雰囲気4
オープンしたばかりとはいえ平日の21時前というのもあり、客はまばら。しかし客層は良く、落ち着いた空間となっていたため、お酒が苦手な異性とのデートにはぴったりだ。雰囲気に酔いしれ、貴方にも気付けば酔いしれてるだろう。

●飲み物②5
そうして店の中を見渡しているうちに、ようやくカクテルがやってきた。と思ったら空のグラスと、フレッシュなフルーツやハーブが詰まったデコレーションボトルだった。どうやらこの中にカクテルが入ってるらしく、注いで頂いた。綿密に構成された味は、リンゴやレモンの味わいにバジルをアクセントとしたとても飲みやすいものだ。

●飲み物③
もう一つ注文したアイスランドバブルはインスタ映えも期待できる。最初はバイオレットの美しいカクテルなだけと思いきや、バブルガンにてグラスを覆い、ふわふわな見た目に出来上がる。バブルを割る際は、スローモーション撮影でどうぞ。

●コスパ4
気になるお値段だがメニューにある通りで、1杯1~2000円とバーとしては平均的~リーズナブル。テーブルチャージなどもなく、これに消費税が加わる。平均予算は2人で行き、2杯/人の場合、5~6000円となる。

ちなみに余談ではあるが、ここでは現在巷ではやっているCBDオイルを500円で試すことができる。下の裏で吸収されるよう吸うと、慣れない草の味が広がるが、10分くらい経つと次第に心が落ち着きリラックスすることができる。コロナ禍で荒んだ心を落ち着けるのに、挑戦してみてはいかがだろうか。

まとめ
今回はいわゆる王道ではないバーを紹介したかもしれない。しかし、巷で人気であることを話のタネに気になる相手を誘ってみたり、マンネリしたデートに一石を投じるべく、珍しい場所に訪れてみたりするのにいかがだろうか。
特におすすめなのは
・インスタ映えが好き
・お酒が苦手だけどバーに行ってみたい
そういった願いを叶えてくれるぴったりなバーである。
お酒が苦手な相手との利用の場合は、二軒目としての利用がいいだろう。ゆっくりとした時間を異世界空間で感じ、距離を縮めるのがよし。一方その逆の場合は、一軒目やお昼に来たりして、話題づくり、木になる相手を誘うきっかけとして利用するのが良いだろう。アルコールの力を借りることはできないが、店の雰囲気でもしかしたらコロッといくかもしれない。

(注意:現在コロナの影響で完全予約制、座席は90分制、閉店時間は22時となっている。予約はインスタグラムに貼ってあるリンクから飛ぶことができる。)

●店名
0% NON-ALCOHOL EXPERIENCE

●住所
住所=東京都港区六本木5−2−4ANB Tokyo 1F

●営業時間
10時~22時
なお、しばらくは公式サイトから予約制。

◆公式サイト
http://0pct.tokyo/